福岡で脱毛する!

福岡で脱毛するなら?

 

手軽に通えるのがサロンですよね。しっかりと料金を支払って永久脱毛するなら医療クリニックになります。

 

どちらにしても福岡には優良なところが揃っています。

 

厳選して紹介します。

脱毛の4つの種類

夏が近づいてくると、肌が露出した洋服を着る機会が多くなります。おしゃれを楽しむためにも、脱毛は不可欠ではないでしょうか。自分で、カミソリで剃ったり、ワックスやクリームを使ったり、毛抜きをしたりする人も多いと思います。自分ですると費用も少なくてすみますし、わざわざサロンや病院にいく必要がないのですが、ときとして、肌がトラブルをおこしたりすることもあるので、サロンやクリニックに行き、プロにお任せするというのも1つの方法かもしれません。

 

種類としては、自分で行う自己処理や光やレーザーを使うもの、特殊な針を使うニードル脱毛というものがあります。種類で効果や痛みなども違ってきますので、自分に合った方法を探しましょう。光を使って施術する方法は、サロンや総合エステで主流になっています。毛乳頭や毛母細胞に光を当ててダメージを与え、毛乳頭の発育を抑えます。レーザーに比べると光は弱く、痛みはほとんどありません。毛根組織を壊さないので、肌に優しいといえます。

 

レーザーを使う施術になると、こちらは医療行為になるので、皮膚科や美容皮膚科に行かなければいけません。毛根を焼ききるので永久脱毛になります。痛みが伴うので、人気のあるクリニックを選ぶことをおすすめします。毛穴1つ1つに絶縁処理をした特殊な細い針をさしていくというのがニードル法です。針に微弱な電流を流して毛乳頭を破壊します。針を1つ1つさしていくので時間はかかりますが、ほぼ永久的に毛は生えてきません。薄着の季節に備えて今から準備していきましょう。夏はもうすぐそこです。

脱毛サロンできれいでスベスベなお肌に

薄着になる季節、お肌のお手入れが気になりますね。美肌の一環として、ムダ毛の処理も重要です。脱毛と一口に言っても、身体のどの部分なのかによって、お手入れする上で気をつけなければいけない点などいろいろ変わってきます。例えば、スネや腕など、比較的皮膚が丈夫な部分と、わきの下やVゾーンなどの柔らかい皮膚ではケアの仕方が違うのです。

 

ムダ毛を自己処理するのも一概に悪いとはいえないのですが、やはり処理後のトラブルが起こりがちなので気をつけたいものです。特にデリケートな部分の処理に関しては、自己処理後にお肌が荒れてしまったり、ことによっては黴菌が入って化膿してしまったなどという例もよく見られます。ですから自己流はできれば避けたいものです。

 

脱毛サロンなどのプロの施術を受けることがお勧めです。サロンでの処置は、毛の生え変わる周期に合わせて何度か通う必要がありますが、その分、処置した部分からはムダ毛が生えてこなくなります。毛の生え変わる周期はだいたい一か月なので、月に一度、数回通うのが標準とお考え下さい。自分で剃ったりするのは今生えている毛の処理だけなので、すぐに後から生えてきてその都度手がかかります。要するにその場しのぎにすぎません。

 

毛周期に合わせて行うプロの施術ですと、毛根そのものに対して生えなくなるような効果があるので、結果的には長くムダ毛のないきれいなお肌が保てるということになります。脱毛サロンは通う手間と料金がかかりますが、長い目で見た時に確実な効果があるのです。

これから脱毛するなら

自分でムダ毛の処理をする人も多いですが、最近はサロンやクリニックで施術する人が増えています。どんな方法があるのかを知ると、サロンやクリニックが魅力的だと思うでしょう。施術といっても、種類があります。サロンやクリニックに焦点を当ててみます。フラッシュや医療レーザーを使った施術がとても人気です。どちらも光を使った方法です。

 

特殊な光で、どちらも黒い色に反応して熱を発生します。これらの光を照射すると、毛母細胞にだけ反応して毛母細胞を破壊してくれるのです。すると、ムダ毛が自然と抜けるようになります。しかも、医療レーザーの場合は威力が強いこともあって、たいてい5〜6回施術すると永久脱毛できます。デリケートゾーンも鼻の下など顔のムダ毛も施術してもらえるのでとても人気が高いです。痛みを感じる人もいますが、あまり感じない人もいます。

 

他にも種類はあります。ブラジリアンワックスは、ワックスをムダ毛を抜きたい場所に塗ります。その後、紙を貼って一気にはがすという方法です。だから、痛みを感じてしまいます。また、鼻毛を抜くためにワックスを使う人もいます。温めたワックスを鼻の穴に入れて、抜きやすいように棒もさしておくのです。それから一気に抜きます。鼻毛がごっそり取れてしまうので、フラッシュや医療レーザーをやっているけれど、鼻毛は対象外だからやる人が多いです。このように、いろいろな方法で脱毛できるので、自分はどれにしようかを良く考えたほうがいいでしょう。